車 ガラスコーティング

リボルトでは、仕上がり時の美しさはもちろんのこと、その美しさをできるだけ簡単に長く維持できることも追求しています。

New リボルト・プロ / Revolt Pro

【リボルト・プロ被膜イメージ】

リボルト・プロ被膜イメージ
New Revolt Pro

【次世代ガラスコーティング】

リボルト・プロを完全リニューアルいたしました。現在市場に出回っている硬化型ガラスコーティングはポリシラザン系、シロキサン系、シラン系がほとんどで、ブランド名は違えども、原料はこのどれかを使用しております。これらはいずれも分子量が大きいタイプのもので、無機の汚れ(ミネラル、カルシウムなど)を引き寄せやすいという性質があります。その無機汚れを引き寄せやすい性質をカバーするためにフッ素、シリコンオイルなどを含んだトップコートにてベースコートを守る手法が一般的になっております。我々はその点を憂慮し、従来の対処療法的な対応ではなく、根本からの改良を行いました。従来のコーティング剤の技術の延長ではなく、まったく違う新しい技術にて硬化型ガラス被膜を作りだし、今回のリリースにいたりました。改良点は以下の通りです。

(1)従来のポリシラザン系・シロキサン系・シラン系のような分子量が大きなタイプではなく分子量を小さくした硬化型ガラスコーティングになります。無機のガラス被膜が無機の汚れを引き寄せやすいというのは、分子量が大きなタイプに見られる特有の性質のようです。分子量が小さい場合でもそれ自体は無機ではありますが、分子量が大きなものに比較すると無機の汚れは引き寄せにくいという性質を持っています。分子量の違いがガラス被膜の性質の違いに現れています。

(2)分子量が小さくなることで、塗装の緻密な表面にしっかりと入り込みアンカーの役割を果たします。これによってコーティング被膜が取れにくく、効果が長期間維持しやすくなります。また被膜の表面がより緻密で平滑になることで、汚れが付着しにくくなります。

(3)分子量が小さいことは、ガラス被膜としての安定化にもなります。ポリシラザン系のガラス被膜の膜厚は1μm未満ですが、我々の低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディ塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

(4)分子量が小さいという事は分子量が大きいものに比べ、分子配列の調整がしやすく、その調整により被膜自体の性質を変える事が出来ます。その技術を利用することで、ガラス被膜に撥水の性質を与える事が可能になりました。つまり従来のコーティングが行ってきたようなフッ素やシリコンオイルなどを付加し、強制的に撥水効果を与えるのではなく、分子配列の調整によりガラス被膜自身に撥水という性質を与え、長期間にわたる撥水効果を維持出来るようになりました。他にも被膜の膜厚を厚くするという性質を与えることも出来ます。この膜厚の調整は次期バージョンにて対応していきたいです。

Newリボルト・プロは従来の技術の延長ではなく、新しい技術により開発された新しいガラスコーティング剤です。

まさに、次世代のガラスコーティングと言えるでしょう。

さらにNewリボルト・プロの特筆すべき特徴として、お手入れの簡単さが挙げられます。
リボルトグループでは、施工直後の美しさだけでなく、その美しさを日常の簡単なお手入れだけで維持できることも、コーティングの重要な性能の一つであると考えています。



圧倒的な美しさと、耐久性、そしてお手入れの簡単さ。
お客様がコーティングに対してお求めになるすべてを持ち合わせているのが、このリボルト・プロです。

施工期間:
3~4日間
施工料金:
90,000円(税抜)~ 車種により変わります。詳細はお問い合わせください。
効果の目安:
約5年間


◆他社コーティング剤との硬化比較

リボルトの完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロは、現在流通している一般的な硬化型コーティングよりも分子量を1桁以上小さくしております。これにより塗装の隅々まで、コーティング剤が入り込みアンカーの役割となり、耐久性がアップしています。

低分子化したことによるリボルトプロのメリットはこちらです。
・膜厚のアップ
・耐久性の向上
・艶・輝きアップ
・硬化時間の短縮

世の中には硬化型ガラスコーティングと言っておきながら、実際には硬化しないものが多数存在します。リボルトでは、さまざまな市販の量販タイプのガラスコーティング剤を1円玉に垂らして放置テストしてきましたが、ほとんどが硬化しませんでした。

よくあるパターンとしては、
1.コーティング剤自身が蒸発して消えてしまう。
 ガラス濃度が薄すぎるため、溶剤が蒸発した後にはほとんど何も残らない。
2.白い粉になってしまう。
 被膜として不安定なため分子間の結合が出来ずに、白い粉になります。
3.完全硬化せずにジェル状になるだけ。
4.完全硬化せずに液体のまま。

安くはない、ガラスコーティングです。どのコーティングにするか迷っていらっしゃる方はぜひとも、そのお店のコーティング剤を外気に放置していたらどうなるか、確認してみてください。硬化するガラスコーティングか、硬化しないガラスコーティングかは、施工にあたっての大きな判断基準になると思います。

ここで実験を行ってみました。
完全硬化型ガラスコーティング剤である、弊社リボルトプロと他社硬化型ガラスコーティング剤との硬化比較です。

他社製品は、日本では大きなシェアを持つ、某メーカーのガラスコーティング剤です。一般の人はともかく、コーティング業界の人間ならば、誰でも知っている商品です。

比較方法は、以下の2通りを行って、時間経過とともにどうなるか、観察します。
(1)容器に深さ5mmほど液剤をためて、空気にさらす
(2)スポンジに液剤をしみこませる

さて、実験開始から3時間ほど経過したのがこちら。
hikaku01.jpeg
リボルト・プロは硬化が始まっており、液体からゼリー状になっていました。スポンジを触ると既にカチカチです。一方、他社コーティング剤は見た目の変化はなく、容器を揺らしても、まだサラサラな液体のままです。スポンジを触っても、特に変化はありません。

次に、1日後。
hikaku02.jpeg
リボルト・プロのコーティング剤は完全に硬化しました。一方、他社製品の方は液剤が少々白濁し、白い細かな粒子が液体の中に見えますが、液体そのものの硬化はありません。スポンジも硬くなっていません。

4日後。
hikaku03.jpeg
リボルト・プロの方は完全硬化しているため、容器から取り出すことが出来ました。
一方、他社製品の方は、液体が全体的には白濁してますが、硬化するというよりも、液体が蒸発しつつあり、白い粒子になっている感じです。

5日後。
hikaku04.jpeg
リボルト・プロの方は、ガチンガチンの硬化状態です。
一方、他社製品は、液体が完全に蒸発し、白い粉になってしまいました。また、スポンジは硬くなりませんでした。

今回の実験結果はこういう状態になりましたが、現在、市場に流通している硬化型のガラスコーティング剤の多くは、このように完全硬化することがありません。

お客様は、みなさん、ガラスコーティングというと、ガチンガチンに硬化する被膜をイメージされると思うのですが、実際には、日本でメジャーなガラスコーティング剤でも、こんな代物なのです。

リボルトではリボルトプロの開発にあたり、市場に流通するどのコーティング剤と比較しても、負けないものを作ることを、目標としてきました。何度も、失敗を繰り返し、上記のような実験も何十回と行いました。

そういう状況で、生まれたのがリボルトプロなのです。

ですので、現場を知らないメーカが作るコーティング剤や、コーティング出張業者が作るものとは、耐久性も効果も大きく違うという自負があるのです。

リボルトのコーティング剤は、材料メーカ系や商社系、他業種からの参入業者など、現場を知らない会社が作るコーティング剤とは耐久性・クオリティでは全くの別物です。

現場の業者であっても、出張業者であったり、実店舗は開店休業中であったりと、コーティング業界では非力なお店ばかりなのが実情です。

リボルトグループは検索して頂ければ、実店舗としてのクオリティもトップだということが、すぐに分かっていただけると思います。



◆紫外線を最大限軽減(UVカット)する最新トップコート

リボルト郡山では全コーティングコースのトップコートに紫外線を軽減させる効果を付加いたしました。

紫外線は私たちの目には見えない短波長の電磁波であり、太陽より地上に多く降り注いでいます。ご存知のようにその紫外線を生物や物質が多く浴びてしまいますと、深刻な被害を受けてしまいます。

紫外線について、簡単に説明させて頂きます。
まずは、下記画像をご覧ください。紫外線はその波長の大きさにより3種類に分けられます。

光の波長スペクトル

・UVA(波長320–400nm):地上に届く全紫外線の約95%を占めます。波長が長いため物質の奥まで届きます。それ自体のエネルギーは弱いのですが、時間をかけて物質の内側の劣化を引き起こしていきます。

・UVB(波長290–320nm):地上に届く全紫外線の約5%を占めます。波長が短いため物質の表面近くに影響を与えます。エネルギーはUVAよりも強く深刻なダメージを与えます。

・UVC(波長200–290nm):エネルギーは一番強く、破壊性が最も大きいです。しかし地球上空のオゾン層を突き抜ける事は出来ないため、通常は地上には到達しません。


地上に降り注ぐ紫外線はこのUVAとUVBとなり、物質へ強い影響を与えます。今回のトップコートへの紫外線カット効果は、このUVAとUVBの両者に対する軽減となります。

◆UVAへの軽減効果:波長320–400nmのUVA帯域の紫外線を可視光線緑帯域である495〜570nmへと変換する紫外線蛍光剤を含有しています。下記画像は左が従来のトップコートで、右が紫外線蛍光剤を含有している新トップコートです。紫外線ライトにてUVA波長の紫外線を照射しますと緑帯域の可視光線へと変換され光ります。変換されることで、UVA紫外線が軽減されます。

新トップコートにUVA波長の紫外線を照射すると緑帯域の可視光線へと変換され光る

新旧トップコートに紫外線ライトを照射してみる

新トップコートはUVA波長の紫外線を停車すると緑帯域の可視光線へと変換されて光ることがわかる

緑帯域の可視光線へ変換されることでUVA紫外線が軽減される


◆UVBへの軽減効果:波長290–320nmのUVB帯域の紫外線を主に吸収し熱エネルギーに変換する紫外線吸収剤を含有しています。下記画像はこの吸収剤が吸収する帯域の波長特性を示しています。吸収するのはUVB帯域がメインの吸収ピークではありますが、実際には、UVC~UVB~UVA全帯域に渡っての吸収効果があります。

【紫外線吸収剤 波長対減衰特性】

deta.jpg

地上に降り注ぐUVAとUVBの両紫外線を軽減するガラスコーティング剤(新トップコート)を使用することで、塗装の劣化を少しでも遅らせる効果が期待出来ます。紫外線軽減効果をうたう他社製品のものはUVAもしくはUVBのどちらか一方だけというケースはありますが、UVAとUVB両方共に軽減の効果があるガラスコーティング剤は、ほとんどありません。

開発に2年の月日がかかりましたが、やっとリリースすることが出来ました。全コーティングコースにこの新トップコートを施工いたしますが、コーティング施工価格などは基本的には据え置きとなります。ご安心くださいませ。

これからもリボルトでは最先端のコーティング技術を目指して進化を続けます。

上記内容を分かりやすくまとめた図をアップしておきます。
紫外線軽減コーティングの解説図

◆リボルト・プロ施工内容

施工期間:
3~4日間
施工料金:
90,000円(税抜)~ 車種により変わります。詳細はお問い合わせください。
効果の目安:
約5年間

リボルト / Revolt

リボルト被膜イメージ
【リボルト被膜イメージ】

リボルトは、ケイ素とフッ素を主成分としたガラス繊維素被膜をベースコートとトップコートの2層に形成するガラスコーティングコースです。

リボルトもリボルト・プロ同様、リボルトグループで開発されたガラスコーティングで、ガラスコーティングのウイークポイントとされる、イオンデポジットの軽減に成功しています。

リボルト・プロと比較しますと艶(ツヤ)、輝き、耐久性などは一歩譲るものの、石油系溶剤を含まないため酸化劣化が起こりにくく、一般的な施工店でよく見られる石油系溶剤を混入させたガラス系と呼ばれるものや、ペイントシーラント、ポリマーなどと比較して、数段上の艶(ツヤ)、耐久性、防汚性を持ち合わせています。

ガラスコーティングのクオリティを決定づける、土台づくりである下地処理を徹底し、理想的な塗装面をつくりあげた上に、しっかりと二層のコーティング被膜を形成定着させます。

施工期間:
2~3日間
施工料金:
70,000円(税抜)~ 車種により変わります。詳細はお問い合わせください。
効果の目安:
約2年間

リボルト・ライト / Revolt Light

リボルト・ライト被膜イメージ
【リボルト・ライト被膜イメージ】

リボルト・プロ、リボルトで使用するトップコートのみのガラス被膜を形成いたします。
石油系溶剤を含まないため、酸化劣化が起こりにくく長期間コーティング効果を維持できます。


新車コース (納車されてから1ヶ月以内が目安となります。)

新車の場合、傷取り、汚れ取りなどの下地処理は行いませんが、ディーラーなどでのコーティングと比較してたいへんリーズナブルで高性能です。 新車を購入して「とりあえずコーティングを」「面倒なワックスがけなどはしたくない」「なるべくお金はかけたくない」などとお考えであれば、断然お勧めのガラスコーティングコースです。

他のコーティングやワックスがされていないこと、洗車で落ちない汚れがないことが条件となります。

施工期間:
1日間
施工料金:
35,000円(税抜)~ 車種により変わります。詳細はお問い合わせください。
効果の目安:
約1年間