窓ガラス撥水加工

窓ガラスにもコーティングすることにより、長期間(数年)に渡り美しさを維持することができます。

窓ガラス撥水加工とは

リボルト郡山での窓ガラス撥水加工は、専門店のクオリティです。
ガラス面の油膜や汚れをきれいに除去してから撥水被膜をコーティングいたしますので、クリアで強力な撥水被膜が形成されます。プロ仕様なので、カーショップなどで販売されている市販品とは比較にならない防汚性、耐久性、撥水性を誇ります。

ボディーだけでなく、窓ガラスにも高品質の撥水コーティングをすることにより、長期間にわたり雨シミ、イオンデポジットなどの付着を防ぎ、美しい窓ガラスを維持することができます。また、雨天時の安全な視界の確保や冬場の霜対策としても絶大な威力を発揮します。

窓ガラス撥水加工料金
コーティングと同時施工:
15,000円~(税抜)
単品施工:
17,000円~(税抜)

雨シミ・水シミ(イオンデポジット、ウロコなど)が多く付いてしまっている場合は、別途除去料金がかかることがあります。

撥水効果

下の写真はホンダ オデッセイのフロントガラスに撥水加工したときのものです。

撥水施工前
窓ガラス撥水施工前

撥水施工後
窓ガラス撥水施工後

写真のように一気に大量の水をかけても施工後は、強力な撥水効果が得られます。

ガラスコーティング施工の際は、ぜひこの窓ガラス撥水加工もお試しください。
単品施工も大歓迎です。

市販撥水剤との違い

市販されているガラス撥水剤は、走行中に水滴が飛んでいくことを売りにしているものがほとんどですが、短期間で効果がなくなってしまうものや、ベタついてガラスに汚れを引き寄せたり固着させてしまうものもあります。

ウォッシャータンクに入れるタイプのものは、噴射時にその液体がガラス以外の塗装面にも飛び散るため、大事な塗装面まで汚してしまうだけでなく、液体が汚れとともに固まって洗車しても取れなくなる場合があります。

当店の窓ガラス撥水加工は、もちろんちゃんと水滴も飛ばしますが、本来の目的はガラス面に油膜などの汚れやシミを付けないことによって

1.ガラス面の美観の維持 
2.クリアーな視界を確保すること(特に雨天時の夜間)

にあります。

施工に際しては、ボディーのコーティングと同様に、最高レベルのコーティング剤を使用し、専門店ならではの下地処理をしっかりと行ってからコーティングするため耐久性や性能は市販品とは比較になりません。

一か月後にその違いが分かります!