施工ギャラリー

福島県 郡山市 M様

車名:
フォルクスワーゲン ポロ(ディープブラックパールエフェクト)
施工内容:
リボルトプロ,窓ガラス撥水加工
福島県 郡山市 M様 VW POLO 右上

福島県郡山市よりお越しのM様のフォルクスワーゲン ポロが仕上がりました。

フォルクスワーゲン ポロの端正で引き締まったデザインと確かな基本性能は、優れたコンパクトカーがひしめく日本国内でも絶大な人気ですね。
世界中のコンパクトカーの中から「ベストワン」を選ぶとすれば、フォルクスワーゲン ポロは、間違いなく最右翼の一台でしょう。

こちらM様のポロは、普段お忙しい奥様がお乗りですので、シンプルなお手入れで、艶と輝きを保ちたいとのご希望でご入庫下さいました。

ガラスコーティングのメリットとして、ワックス掛けなどの面倒なお手入れが不要で、洗車も簡単に済ませることができる。ということが知られていますが、美しさにおいても、ガラスコーティングならではの素晴らしさがあります。

ガラスコーティングは、塗装面にガラス被膜を定着させる前に「下地処理」を行って、洗車傷やシミなどを除去しながら、塗装そのものを滑らかに仕上げてからガラスの被膜を形成しますので、ワックスなどの油脂類の「照り」ではない「透明感」「色の深み」「塗装そのものの美しさ」をはっきりと感じることができます。
反面、油脂分によるごまかしが利きませんので、下地処理が悪ければ、そのまま悪い塗装面が露出して汚い仕上がりとなってしまいます。
この下地処理が、ガラスコーティングの難しいところであり、施工技術の優劣がはっきりと表れるところです。
ガラスコーティングは、下地処理の技術で最終的なクオリティが決まるといってもいいでしょう。

ラディアスでは、この「下地処理」に徹底的にこだわり、一般的な「削る」技法ではない塗膜に負担をかけない独自の下地処理で、塗装本来の美しさを引き出す技術を確立しています。

こちらのM様のポロも、塗装の特性と状態にマッチした繊細な下地処理を行って、塗装本来の美しさを最大限に引き出してから、濃度100%の硬化型ガラス被膜をがっちりと形成いたしております。

お引き取りには、奥様がおいでになりましたが「全然違う。主人がガラスコーティングを勧めた理由が分かった」「乗るのがもったいない」と大変お喜び下さいました。
セオリーに従った洗車で、この美しさを長くお楽しみいただくことができますよ。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。