- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト郡山

長年お乗りのお車こそお任せください

コーティングといえば、新車購入時に施工するものとして広く認知されていますが、長年大切にお乗りいただいているお車にもおすすめです。

リボルト郡山では、年数が経過したお車の塗装面に対しても状態に合わせた最適な研磨を行い、美観を損ねる様々なダメージを処理し、ボディカラーそのものの美しさを余すところなく引き出します。もちろん丁寧な下地処理を経て整えられたボディには、独自開発の「リボルト・プロ」を形成・保護いたしますので、その後はセオリー通りの定期的な洗車を心がけていただくことにより、美しい状態を長期的にお楽しみいただけます。

新車時のコーティング施工から数年が経過し、そろそろリフレッシュしたいとお考えのオーナー様や、お目当てのお車が見つかりご購入されたオーナー様もぜひお任せください。 

BMW Z4 メルローレッド ボンネット1

BMW Z4 メルローレッド ホイール1

BMW Z4 メルローレッド ホイール2

2005年式のBMW Z4です。オーナー様は初代Z4のこのフォルム、そしてメルローレッドのボディカラーにこだわってお探しになり、ご購入されました。ご入庫時は小傷や水シミなどの影響で全体的にモッサリと白っぽくなっていて、残存するバフ目やオーロラマークといった磨いた痕跡、パネルのキワに残留するコンパウンドなども見られましたが、これらマイナス要因に対して適切な処置を施し、持ち味と言える味わい深い色合いを存分に表現いたしました。   

ポルシェ 911 GT3 996 キャララホワイト フロントバンパー1

ポルシェ 911 GT3 996 キャララホワイト ボンネット1

ポルシェ 911 GT3 996 キャララホワイト スポイラー

こちらのポルシェ911 GT3は、2オーナーの2004年式です。これまでのオーナー様によって大切にお手入れされていた様子がうかがえ、経過年数を考えれば上々といえるコンディションにありましたが、当店の高輝度専用照明下でボディをチェックしてみると、やはり経年劣化による塗装のクスミや蓄積した洗車傷、拭き傷が露見してきました。また、年数経過に伴い塗装自体の弾力がなくなり、硬化してきておりましたので、この状態を踏まえた適切な技法を用いて、細部まで丁寧に磨き上げました。混じり気のないまばゆい輝きは、ソリッドのホワイトならではの良さですね。

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロ リベーレ ボンネット1

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロ リベーレ ヘッドライト

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロ リベーレ テールレンズ

2014年式のマセラティ クアトロポルテ GTSです。微細な汚れの蓄積や細かい傷などの影響により、ボディカラーのネロリベーレの美しさはすっかり影を潜め、何とももったいない状態でしたが、この塗装の性質を捉えた下地処理を経てダメージは解消、メタリックの存在感も増して輝きに奥行きが生まれました。クアトロポルテの優美なフォルムも今までになく引き立ちます。


飛び石による塗装の欠けは解消できませんが、深いスクラッチ傷はぼかし、小傷、水シミが除去されたボディには、明らかに新車時を上回る輝きが表れます。

コーティングというと、何を、どんなものを塗れば良いかという部分が重要視されがちですが、いかに優れたコーティング剤であっても、洗車してそれを塗布するだけではお車に十分な艶や輝きは表れませんし、美観を損ねる各種ダメージがスッキリ解消されるわけでもありません。
最も大切になるのはやはり下地処理です。下地処理によって塗装面を最良の状態に整えることで、はじめてコーティング剤の性能が最大限に生かされます。

特に、年数が経過しているお車の施工は下地処理における技術の差が如実に表れます。ガラスコーティング専門店として施工実績も豊富な当店では、これまで培ってきた知識と経験に裏打ちされた下地処理による、確かなクオリティをご提供させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

トピックスのご紹介