- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト郡山

ポルシェ ボクスター(キャララホワイト)

福島県 郡山市 S様

福島県郡山市よりお越しのS様のポルシェ ボクスターが仕上がりました。

オーナーのS様には、2年ほど前にBMW330Ciカブリオレを施工いただきました。330Ciは、現在もグッドコンディションをキープされておられ、リボルト・プロの耐久性と美しさを増車されたポルシェ ボクスターにもということで、今回もご用命いただきました。

お車は2006年式で10年ほど経過しているお車ということで、走行距離は少ないもののボディー全体に傷が多く塗装自体の経年劣化も進んでおり、くすんでツヤがすっかり引けてしまっておりました。

こちらのボクスターを美しく仕上げられるかどうか、すべては下地処理にかかっていると言えます。どこまで復活させることができるか、オーナー様同様に私自身も非常に楽しみです。ポルシェの塗装の特性と状態に最適な下地処理を施して本来の状態を取り戻さなければなりません。

これまでの経験と施工データ、リボルトグループ独自の高度下地処理技術であるRevolt Adjust Systemを駆使し、工程ごとに機材や技法を変えて丹念に下地処理を進めて行きます。塗膜の厚さを測定しながら、劣化が進んでいる部分にはある程度強めの研磨を、深めのスクラッチ傷には角を丸める処理を施してむやみに削らず、浅い洗車傷などはさっぱりと除去いたしました。
最終工程の仕上げ磨きで塗装肌のキメを整えて下地処理を完了いたしますと塗装面は予測した通りに完全復活、ソリッドカラーならではの柔らかみと清潔感あふれるまっさらのキャララホワイトとなりました。

本来の美しさを取り戻したボディーには、リボルト・プロの保護被膜を形成いたします。リボルト・プロは、ベースコートに低分子完全硬化型ガラス被膜、トップコートには紫外線によるダメージを大幅に軽減できるガラス繊維素被膜のデュアルプロテクションでボディーを長期的に保護いたします。

日頃、緊張を強いられるハードなお仕事をされておられるS様ですが、オフタイムのドライブが何よりの気分転換とおっしゃいます。BMWとポルシェのオープン2台持ちの何とも贅沢なカーライフ、ピカピカのお車で存分にお楽しみくださいませ。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2016年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工