- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト郡山

フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント ローンチエディション (ラピスブルーメタリック)

岩手県 奥州市 F様

フォルクスワーゲンの高性能モデルの開発・製造を担うフォルクスワーゲンR社により生み出されたゴルフR ヴァリアント。こちらは2015年に同モデルの導入を記念して100台限定で販売されたローンチエディションです。ボディカラーはラピスブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの3色が用意され、オーナー様はその中のラピスブルーの車体をお探しになられ、最近購入されたそうです。

ラピスブルーの車体は100台のうちの60台を占めますが、限定車で人気も高く手に入れるのは大変だったとおっしゃっていました。今回の施工のため、岩手県よりお越しくださいましてありがとうございます。刺激的でありながら快適性も備えているお車ですから、ロングドライブもきっと心地よいひと時となりますね。

さて、お車は新車からおよそ2年が経過しています。コンディションとしては、洗車傷をはじめとした細かい傷が全体的に多く見られ、オーナー様もその点を気にされていました。これを改善し、塗装そのものが持っている美しさをしっかり引き出してあげるのが下地処理です。

コーティングといえば、何を、どんなものを塗れば良いかという部分が重要視されがちですが、いかに優れたコーティング剤であっても、ただそれを塗布するだけでは、ボディに十分な艶や輝きは表れませんし、美観を損ねる各種ダメージがスッキリ解消されるわけでもありません。もちろんコーティング剤の性能もハイクオリティな仕上がりのための大事な要素となりますが、最も大切になるのはやはり下地処理であると言えます。下地処理があってこそ、コーティング剤の良さが生きてきます。

ラピスブルーメタリックの塗装に最も相性の良い下地処理技法を用いて、塗装面に存在する無数の小傷を丁寧に取り除いていきますと、今まで隠れていたこのカラーの持つ鮮やかで深みのある輝きが存分に表れて、くすみのない透明感あふれる映り込みとなりました。そして美しく整えられたボディには、リボルト独自開発の「リボルト・プロ」をコーティング。低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと紫外線軽減効果(UVカット機能)のあるトップコートによってお車は保護され、艶と輝きにさらなる厚みが生まれます。

仕上がりましたゴルフR ヴァリアントは、エッジの効いたプレスラインが今までになく際立ち、シャープなフォルムが一段と強調された姿となりました。今後はセオリー通りの洗車を継続することにより、長期に渡ってこの美しさをお楽しみいただけると思います。 

この度のご用命誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工