- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト郡山

メルセデスベンツ E200 アバンギャルド スポーツ

福島県 郡山市 N様

メルセデスベンツ Eクラスのご入庫です。Eクラスといえば、歴代から先進技術が積極的に搭載されてきたメルセデスの中核となるモデルであり、現行のEクラスにおいても将来の自動運転を連想させる新機能が惜しみなく導入されています。Eクラスはいわばメルセデスの先進性の象徴。いつの時代も高級車の指標となる存在なのだと思います。

オーナー様には、6年ほど前にもレクサス GSの施工をご用命いただいており、これまでお手入れを継続しながら大切にお乗りになられていらっしゃいましたが、この度のお乗換えにより新たな愛車の施工をお任せくださいました。

さて、お車は納車されて少し期間が経過してのお預かりとなりましたが、塗装面を見てまず気になったのは、納車前の段階で全体にベッタリ塗られたワックスの類のものです。どこで塗られたのか定かではありませんが、汚れと一体化してしまっている部分がほとんどでしたので、おそらく汚れをしっかり落とさないで塗ってしまったのでしょう。また、洗車傷、拭き傷にも覆われ、これらの影響でボディは白っぽく曇っていて、せっかくのオプシディアンブラックの輝きは影を潜め、何とももったいない状態になっていました。これで新車と言われても、美しさにこだわるオーナー様にはとても満足できるものではありませんね。

ワックス類の固着を通常の洗車のみで完全に落とすのは困難です。かといっていきなり研磨で取り除いてしまうと、塗装へ余計な負荷を与えてしまい良くありませんので、洗車後それに適したケミカル類を用います。そして塗装面をありのままの姿にしたところで、オプシディアンブラックの質に合わせた下地処理により多数存在する小傷を丁寧に除去し、同時にこのカラーの良さ、持ち味もしっかり引き出しました。 

下地処理を施したことで色の深みと透明度か格段に増し、それによってメタリックの煌きもはっきり感じられるようになったオプシディアンブラックの塗装。メルセデスベンツはこれまで数多く施工させていただきましたが、車種を問わず硬く緻密な肌でメタリックの色ムラも少なく、これはちょっとどうなのかなと思うことがまずありません。個体差、バラつきが少なく常に高品質。さすがはメルセデスクオリティです。

美しく整えられたボディには、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を形成いたしております。1層目のベースコートは、低分子・完全硬化型のガラス濃度100%の被膜です。低分子であるがゆえ塗装の隅々にまで行き渡り強固に定着します。2層目のトップコートには紫外線軽減効果 (UVカット機能) があり、降り注ぐ紫外線からもお車をガードします。 

悠然としたフォルムがいっそう映える最高の艶と輝きを纏ったEクラス。お引き渡しの際には、オーナー様にもご満足いただくことができました。

この度のご用命誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工