- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト郡山

下地処理技術の重要性

ガラスコーティングの美しさは、下地処理が決め手となります。

ガラスコーティングおいて、ガラス被膜自体の質や被膜を定着させる技術とともに大切になるのが、その前の段階の下地処理です。

下地処理とは、車のボディの塗装面を磨くことを言いますが、この工程はガラスコーティングの最終的な仕上がりの美しさを決定づける最も重要な工程です。


作業風景 下地処理 サムネイル

 

リボルトでは、長年培ってきた理論、情報、技術をもとに「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理技術を確立しました。

この下地処理技術は新車や経年車、一台一台異なるお車の塗装状態、特性に合わせて、質感を変えることなく塗装そのもの美しさを最大限に引き出す高度なポリッシングシステムです。

この工程を経て本来の美しさが余すところなく表れた塗装面に、リボルトが独自に研究開発したガラス被膜である「リボルト・プロ」を形成させることによって、感動的なまでの艶と輝きを感じられるお車に生まれ変わります。 

トピックスのご紹介